お手頃な費用で受けられる人気の整形施術は二重

  1. ホーム
  2. 上手な言い訳の仕方

上手な言い訳の仕方

カウンセリング

美容整形が一般的になった今、一度でも治療をした経験がある人は結構な数います。その中には一重から二重になった女性も多いでしょう。美容整形の腕は昔より確実に上がっており、素人では整形かどうか判断がしにくいです。ただ、ちょっとした変化に敏感な人が周囲にいると、一重から二重になった瞬間整形したのではと感づかれる可能性があります。対策としては、整形で二重にする前に二重専用のテープを利用して、周りの人に二重の自分をアピールすることです。定着してきた頃に埋没法や切開法でキレイなラインにすれば、自然な形でイメチェンができます。他のごまかし方だと、なるべく腫れない施術を選ぶことでしょうか。安い費用で治療できる埋没法に関しては、メスを使わずに行うため腫れは通常よりもかなり少なくなります。隠さなくても整形だと知られることはまずないでしょう。また自分の顔に似合う二重を見つけることも重要です。日本人に馴染み深い末広型や奥二重、平行型です。二重の線が目頭側にあり、ヒダの部分が中に入り込んでいるタイプはどの顔にも問題なく馴染むので整形を知られたくない場合によく選ばれています。平行型はヒダがなく、二重のラインが目頭の隅まで届いている状態を指します。もしくはヒダの部分を小さくし、ここを乗り越えたようなラインだとより自然な二重を完成させられるでしょう。奥二重に関しては、整形をした感じがしないのでばれないという点では満点です。しかし、術前と同じような仕上がりになることも多く、満足できない可能性は十分あります。費用を出して整形したことを周囲に知られないためには、美容外科の医師とよく相談をし、自分の顔に合う二重を提案してもらうことです。同じ目の形の症例画像を出しながら説明してくれるところだと顔に馴染まず失敗したなんてことになりません。

費用が手頃で初心者に最適な埋没法は、糸を数か所に留めて線を作る最新のやり方です。しかし、目を閉じた時に糸の結び目がポコッと露出するのがネックです。完全にばれないようにするには、結び目を目立たせない技術を医師が持っているかが重要です。二重整形の実績が多い美容外科だと腕のいい医師がたくさんいますし、整形をしたことを知られたくない旨をカウンセリングの時に伝えておけば要望通りに行なってくれるでしょう。もし糸の結び目が気になるようなら保証期間でキレイに修正できます。とはいえ、切開法に比べ腫れが少ない点が埋没法の魅力ですが、まぶたへ直接施術をするため少々腫れるのは仕方のないことです。体質の問題もありますが、糸を留めた箇所が腫れたり内出血を起こしたりすることも考えられますから、術後のケアは入念に行うべきです。この時に使えるのが内出血を最小限に抑える施術を提案してもらうことです。埋没法に限らず、切開法だとよりひどくなる可能性もあるため注意が必要です。埋没法なら術式に注意しましょう。糸を緩くかけた場合、取れないよう絶妙な加減で結ぶ技術が必要です。きつく締めなければ術後の腫れもそこまでひどくはなりません。丁寧で、且つ慎重に取り組み費用が良心的な美容外科は、必要以上に皮膚を引っ張ったり押し付けたりするようなことは一切しないでしょう。このような行為は術後の症状をより悪化させるだけなので無意味です。内出血や腫れを完全になくすことは現時点で難しいですが、いかにダウンタイムを短くするかは医師の腕と術式にかかっています。多くの症例を経験し、日々腫れの少ないキレイな仕上がりを追及するところは術後の経過が良いのは間違いありません。ちなみに麻酔の量を増やしても腫れやすくなりますが、早期に吸収されるので問題はありません。逆に少しの麻酔だけだと少しの痛みで目に力が入るので血圧が上がったりその影響で腫れやすくなったり内出血の原因になります。この場合も的確な量を判断し、使用することが求められます。患者の中には痛みに弱い人もいますから、無理をせず信頼できる医師に麻酔の量を少しずつ増やしてもらいましょう。