お手頃な費用で受けられる人気の整形施術は二重

  1. ホーム
  2. カウンセリングの注意点

カウンセリングの注意点

鏡を見る人

失敗例で最も多いのは理想の二重にならなかったことです。切開法でラインを作った場合修正をするのにかなりの時間を費やすでしょう。修正に詳しい医師は日本でも限られているため、今以上によくなることは少ないように感じます。メスを使わない埋没法だと糸を切れば元通りなので理想に近づけなくても再度治療すればいいだけです。高い費用を出して二重の整形をするなら、失敗しないやり方のほうがいいに決まっています。そして自分の顔に似合っていない形をごり押しされたり、腕が未熟すぎて理想を形にできなかったりなど、要望を聞き入れない姿勢やカウンセリングがしっかり行われていなかったことも整形失敗に繋がります。二重整形後美しい形だったのに時間の経過と共に非対称になり、不格好になってしまったなどの例もあり、簡単に整形を決断するにも必ずリスクが伴うでしょう。手術をしてから数年経過した時点で皮膚はすでに癒着を始めています。こうなると、簡単に修正をするとはいかなくなります。もしかしたらもっとひどい状態になるかもしれません。術後1・2週間経過したころに目のごろつきが気になったり視力が一気に低下したりなども多く報告されていますから、腕の良い医師に依頼する他ないでしょう。原因としては、まぶたの裏に留めた糸が露出し、眼球を傷つけているからです。放置すると目の炎症が長引きもっと視力が落ちてしまいます。ごろつきや目の炎症がよくならない場合は治療を受けた美容整形外科を訪れるか、近くの眼科に行き適切な治療を受ける必要があります。くっきりした目元美人になる切開法にもいくつかの失敗例が転がっています。中でも多いのは目の開け閉めが難しくなることです。最も考えられる要因は、皮膚を過剰に取りすぎたためです。幅広い二重にしても、目を開ける力をより必要とするため、開きにくくなる傾向にあります。別で考えられるのは皮膚の癒着の始まりです。その影響で眼瞼下垂になり、眠たい印象を受けます。この場合も早めの処置が大切なのでアフターケアが万全な美容外科で診察を受けましょう。

簡単で手軽な費用で受けられる二重整形も、失敗すれば元も子もないです。良い医師と美容外科を選ぶためには、実績と経験を積んでいるかどうかが決定打になります。できれば形成外科勤務を経ている医師がいると良いでしょう。美容整形に通じる知識と技術をもっていることが多く、二重整形に関しても確かな腕で見事な仕上がりにしてくれます。埋没法はある程度実績を積まないと上手に結ぶことができません。技術不足な医師だと腫れがひどくなるか、術後すぐに取れてしまう可能性があります。美容外科として一年以上の経験と、数多くの勉強会に参加をしていることです。ただ、どのくらいの手術を経験してきたのかはHPで公開されていないことが多いのでカウンセリングの時に尋ねると良いでしょう。経験値が高い医師は説明の仕方がわかりやすく、専門用語を使わず患者が納得できるような表現をしてくれます。二重整形や費用のことを質問しても的を得た回答をするので、患者も安心して二重整形に挑むことができます。大手の美容整形外科の場合、費用はかからず無料で話を聞くので納得いくまで通いましょう。